上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ストーリーバトン」

<ストーリー>
ある日、世界が悪魔に征服されました。悪魔を倒しに行こうと立ち上がった者が大勢いましたが、みんなやられてしまいました。その事実を知った他の者達は、戦意を失ってしまいました。

第1章『出発の時』
◆あなたの名前と職業は?
みお、ヲタ高生

◆これから悪魔を倒しに行きますが、何を持っていきますか?
体力があまりないので、持っていける道具は3つのみです。
A.携帯
B.武器
C.今井蛍姉さんの機械

携帯って、あんまり意味無いと思いますが。

第2章『山道で・・・』
◆山道で、魔物と遭遇しました。持ってきた道具を使ってどうやって倒しますか?
蛍姉さんのバカン砲で攻撃!!

◆倒したあとのキメ台詞はなんですか?
「たいしたこと無いなぁ・・・」
蛍姉さんが作ったものだからね・・・。

第3章『砂漠で・・・』
◆・・・・・・・・道に迷いました。どうしますか?
蛍姉さんの機械でヘルプ!!

◆取った行動は、全くの無意味でした。どうしますか?
蛍姉さんの機械でも無意味なのですか・・・。
そこら辺に落ちている木でどこに行ったらいいのか決めようと思います。
って、沙漠だから木ないじゃん!!
とにかく歩きます。

◆・・・・・・・・さらに無意味でした。しかし、そこへ神様が現れ、あなたを砂漠から脱出させてくれました。 お礼の言葉は?
そりゃそうですよねぇ・・・。
「ありがとうございます」
正座でこれですね。

第4章『悪魔の城へと続く道』
◆その新技を習得するための修行はどんな修行?
苦しくキツイ修行ってことで

◆新技を習得するのにどれくらい時間がかかると思いますか?
半年ぐらいならいいかな

◆新技の名前は?
新技の名前を募集します

◆新技を習得し、先へ進むと門がありました。そこには何がいますか?
門を守る人・・・門番さんがおられます

◆「↑の解答」は敵みたいです。新技を使ってみました。その時の相手のセリフは?
なんと、敵でしたか。
「ま・・まいったぁ・・・」
っと古典的なのを聞いてみたい

◆・・・・・・・あっけなく倒せました。門が開き中へ入ると、城にはカギがかかってました。呪文を唱えると開くみたいです。どんな呪文?
門番さんですからね・・・
呪文と言えばこれでしょ「開けごま!!」


第5章『悪魔城:1階』
◆城の中に入ると、突然お腹が痛くなってきました。その原因は?
あのとき食べたものがぁ・・・
嘘です、ごめんなさい。
さっきの門番さんに何かされてしまったかもしれません。

◆その状態のまま最上階を目指していきます。2階へ上がる階段の前にとても強そうな敵がいます。戦える状態ではないので話し合いをしようと試みます。どんな会話?
「どうかここを通してください」と土下座して必死にお願いします。

◆3時間近くにも及ぶ会話の末、ようやく戦闘モードに突入です。相手の弱点はどこだと思いますか?
人差し指の第2間接

◆勘が当たったみたいで、一発で倒せました。しかし、その戦闘で持ってきた道具、AとCを失ってしまいました。その時のあなたの心境は?
かなりのショックを受けます・・・。
私の携帯と、蛍姉様の機械がぁぁぁぁぁぁ

◆そして、いつの間にか腹痛も治っていました。治った原因は何ですか?
ショックが大きかった模様です。


第6章『悪魔城:2階』
◆2階に上がると、敵が全くいませんでした。しかし、上へと続く階段が見つかりません。どこにあると思いますか?
どこかの壁を壊してみましょう。

◆残念ながら、あなたの勘はハズレのようです。あなたはまた探し始めます。そんな中、どこからともなく声が聞こえてきます。なんて聞こえますか?
「おしいところに壁はある(笑)」

◆その声は、天井から聞こえてきます。天井を探ってみると、小学校でよく見かける登り棒が出てきました。登り棒は得意ですか?
苦手です。

◆その登り棒を登っていくと、さっきまでどこにも敵はいなかったのに下からどんどん登ってくるではありませんか!この危機的状況をどう乗り切りますか?20字以内で答えよ。
てか、その前に登れたんだ!!(14文字)

◆あなたの取った行動により、なんとか凌ぐことができました。感想は?
私何もしてないのに・・・
きっとこうなる結果になってたんだね。

第7章『悪魔城:最上階』
◆いつの間にか最上階です。登り棒のせいでだいぶ体力を消耗しました。そこで、少し休もうと思います。どれくらい休みますか?
このままずっと休んだりなんかしちゃってもいいですか?

◆休んでいると、いつの間にか眠ってしまいました。そこへ敵が現れ、眠った状態のまま地下牢へ・・・・・・・おきた時のあなたの第一声は?
「・・・」

◆こんなところで終わるわけにはいきません。なんとあなたの持っていた最後の道具で牢のカギが開きました。牢から出られた感想は?
武器かぁ・・・
いったい何の武器だったのか謎だけど、良かったぁ。

◆牢から出ると、最上階への直通エレベーターがあるではないか!!このエレベーターの操作方は?
ボタン1つでピッ

◆なんとか最上階まで戻って来れました。さぁ、悪魔はどこにいるのでしょうか。どうやって探しますか?
宝物を探すあの鉄(?)の棒で

◆しかし、なかなか見つかりません。どうやら今は留守のようです。帰ってくるまで待つことにしました。何をして待ってますか?
とりあえず、ラクガキしたいな

◆1時間後、ようやく悪魔が城に帰ってきたみたいです。部屋に入っていきました。ここで意気込みを聞かせてください。
「おかえりなさいませ、ご主人様」えっ!?

◆あなたが部屋に突入した時の悪魔の第一声は?
「・・・」


最終章『決戦』
◆悪魔が攻撃してきました!こちらも攻撃開始です。持ってきた道具は1つしか残ってません。どうやって戦いますか?
どんな武器か分かんないので、なんとかします。

◆互角です。悪魔は本気を出してきました。持っていた道具が壊れました!その時のあなたの心境は?
えっ、互角なの!?
本当に、なんの武器なんだろう・・・
てか、武器壊れちゃった!?

◆このままでは勝てないと判断したあなたは友達を召喚することにしました。だれを召喚しますか?マイリンクから選びなさい。
友達ですかぁ・・・
じゃぁ、梨菜様で。

◆お友達と協力してもまだ勝てそうにありません。もう一人召喚してください。
梅干しパワーが効かない!?w
えっとぉ・・・じゃぁ、奏様で。

◆3人で協力して戦っています。そんな中、携帯電話が鳴り始めました。お友達の一人に電話がかかってきたようです。お友達は電話に出ました。電話はどんな内容ですか?
いいなぁ、私は携帯壊れちゃったし・・・
どんな内容なんだろう・・・

◆悪魔も電話の内容が気になってきたようです。しょうがないから、電話の内容を教えてあげました。悪魔はなんと答えましたか?
私も分かんないのに!?
なんで、悪魔さん知っちゃったの!?

◆悪魔は、うっかり今の発言で弱点を喋ってしまいました。その弱点とは?
弱点!?
えっと・・・「肩のうしろの2本のツノのまんなかのトサカの下のウロコの右」で。
あるアニメのボスキャラの弱点ですw

◆弱点を聞いた3人は、早速行動に移しました。大ダメージのようです。あと何分で倒せそうですか?
そこを狙ったら、一発で終わりのはずですが・・・

◆・・・・・・・・予想していた時間よりも長引いています。そろそろみんな体力の限界です。あなたは最後の一撃に出ようと思い、技名を叫びながら突撃しました!その技名は?
「大紅蓮氷輪丸」

◆悪魔も最後の一撃に出てきました!その時の悪魔のセリフは何?
「卍解」えっ、何故!?

◆まだ耐えるのか!・・・・・・・と思いきや、悪魔は力尽き消えてなくなりました。あなたは勝ったのです。キメ台詞は何ですか?
「クフフ」

◆最初に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?
何がいいですか?

◆次に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?
何が良いですか?

◆ついに悪魔を倒し、世界に平和が戻りました。さぁ、帰宅です。どうやって帰りますか?
武器でなんとかなりませんか?


【エンディング】
バトンを回したい人を書き出して、スタッフ紹介を完成させよう。
悪魔
召喚された友達(2人)
神様
2階へ上がる階段の前の敵
天井からの声の主
あなたを地下牢へ連れて行った敵

好きなスタッフさんになってください。
フリーです。
~~~お持ち帰り用~~~

「ストーリーバトン」
<ストーリー>
ある日、世界が悪魔に征服されました。悪魔を倒しに行こうと立ち上がった者が大勢いましたが、みんなやられてしまいました。その事実を知った他の者達は、戦意を失ってしまいました。

第1章『出発の時』
◆あなたの名前と職業は?
◆これから悪魔を倒しに行きますが、何を持っていきますか?
体力があまりないので、持っていける道具は3つのみです。
A.
B.
C.

第2章『山道で・・・』
◆山道で、魔物と遭遇しました。持ってきた道具を使ってどうやって倒しますか?
◆倒したあとのキメ台詞はなんですか?

第3章『砂漠で・・・』
◆・・・・・・・・道に迷いました。どうしますか?
◆取った行動は、全くの無意味でした。どうしますか?
◆・・・・・・・・さらに無意味でした。しかし、そこへ神様が現れ、あなたを砂漠から脱出させてくれました。 お礼の言葉は?

第4章『悪魔の城へと続く道』
◆その新技を習得するための修行はどんな修行?
◆新技を習得するのにどれくらい時間がかかると思いますか?
◆新技の名前は?
◆新技を習得し、先へ進むと門がありました。そこには何がいますか?
◆「↑の解答」は敵みたいです。新技を使ってみました。その時の相手のセリフは?
◆・・・・・・・あっけなく倒せました。門が開き中へ入ると、城にはカギがかかってました。呪文を唱えると開くみたいです。どんな呪文?

第5章『悪魔城:1階』
◆城の中に入ると、突然お腹が痛くなってきました。その原因は?
◆その状態のまま最上階を目指していきます。2階へ上がる階段の前にとても強そうな敵がいます。戦える状態ではないので話し合いをしようと試みます。どんな会話?*追加してもらっても、減らしてもらっても構いません。
◆3時間近くにも及ぶ会話の末、ようやく戦闘モードに突入です。相手の弱点はどこだと思いますか?
◆勘が当たったみたいで、一発で倒せました。しかし、その戦闘で持ってきた道具、AとCを失ってしまいました。その時のあなたの心境は?
◆そして、いつの間にか腹痛も治っていました。治った原因は何ですか?

第6章『悪魔城:2階』
◆2階に上がると、敵が全くいませんでした。しかし、上へと続く階段が見つかりません。どこにあると思いますか?
◆残念ながら、あなたの勘はハズレのようです。あなたはまた探し始めます。そんな中、どこからともなく声が聞こえてきます。なんて聞こえますか?
◆その声は、天井から聞こえてきます。天井を探ってみると、小学校でよく見かける登り棒が出てきました。登り棒は得意ですか?
◆その登り棒を登っていくと、さっきまでどこにも敵はいなかったのに下からどんどん登ってくるではありませんか!この危機的状況をどう乗り切りますか?20字以内で答えよ。
◆あなたの取った行動により、なんとか凌ぐことができました。感想は?

第7章『悪魔城:最上階』
◆いつの間にか最上階です。登り棒のせいでだいぶ体力を消耗しました。そこで、少し休もうと思います。どれくらい休みますか?
◆休んでいると、いつの間にか眠ってしまいました。そこへ敵が現れ、眠った状態のまま地下牢へ・・・・・・・おきた時のあなたの第一声は?
◆こんなところで終わるわけにはいきません。なんとあなたの持っていた最後の道具で牢のカギが開きました。牢から出られた感想は?
◆牢から出ると、最上階への直通エレベーターがあるではないか!!このエレベーターの操作方は?
◆なんとか最上階まで戻って来れました。さぁ、悪魔はどこにいるのでしょうか。どうやって探しますか?
◆しかし、なかなか見つかりません。どうやら今は留守のようです。帰ってくるまで待つことにしました。何をして待ってますか?
◆1時間後、ようやく悪魔が城に帰ってきたみたいです。部屋に入っていきました。ここで意気込みを聞かせてください。
◆あなたが部屋に突入した時の悪魔の第一声は?

最終章『決戦』
◆悪魔が攻撃してきました!こちらも攻撃開始です。持ってきた道具は1つしか残ってません。どうやっ て戦いますか?
◆互角です。悪魔は本気を出してきました。持っていた道具が壊れました!その時のあなたの心境は?
◆このままでは勝てないと判断したあなたは友達を召喚することにしました。だれを召喚しますか?マイリンクから選びなさい。
◆お友達と協力してもまだ勝てそうにありません。もう一人召喚してください。
◆3人で協力して戦っています。そんな中、携帯電話が鳴り始めました。お友達の一人に電話がかかってきたようです。お友達は電話に出ました。電話はどんな内容ですか?
◆悪魔も電話の内容が気になってきたようです。しょうがないから、電話の内容を教えてあげました。悪魔はなんと答えましたか?
◆悪魔は、うっかり今の発言で弱点を喋ってしまいました。その弱点とは?
◆弱点を聞いた3人は、早速行動に移しました。大ダメージのようです。あと何分で倒せそうですか?
◆・・・・・・・・予想していた時間よりも長引いています。そろそろみんな体力の限界です。あなたは最後の一撃に出ようと思い、技名を叫びながら突撃しました!その技名は?
◆悪魔も最後の一撃に出てきました!その時の悪魔のセリフは何?
◆まだ耐えるのか!・・・・・・・と思いきや、悪魔は力尽き消えてなくなりました。あなたは勝ったのです。キメ台詞は何ですか?
◆最初に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?
◆次に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?
◆ついに悪魔を倒し、世界に平和が戻りました。さぁ、帰宅です。どうやって帰りますか?

【エンディング】
バトンを回したい人を書き出して、スタッフ紹介を完成させよう。
悪魔
召喚された友達(2人)
神様
2階へ上がる階段の前の敵
天井からの声の主
あなたを地下牢へ連れて行った敵
Secret

TrackBackURL
→http://rukapyon.blog55.fc2.com/tb.php/198-3029b974
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。