上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「【REBORN】病院バトン ~彼は主治医編~」

あなたは入院患者です。
そしてキャラはあなたを担当してる主治医です。
先生はマメなのかよく顔を見に来てくれたり、可愛がってくれています。
※ちなみに個室に入院しています。

■朝。わざわざ起こしに来てくれました。
①「おはよう。朝だよー」優しくあなたの肩を揺するツナ先生。
②「……早く起きないと、どうなるかわかってる?」耳元で話し掛ける恭弥先生。
③「いつまで寝てんだぁ?」あなたの頬をぺちぺちと叩くディーノ先生。
④「…おや、起きてしまいましたか」目を開けたら骸先生のアップ。

→ツナ先生
どの先生にも言いたい・・・。
ツナ先生みたいな起こし方をしてください。

■朝ごはん。
①「一人で食べると寂しいでしょ?」実はいつも一人で美味しくなかったんだ。ツナ先生。
②「クフフ…僕が食べさせてあげますよ。」ご飯を箸で摘んで口元に持ってくる骸先生。
③「よっ!食ってるか? ちょっと食わして?」食べてたら、いきなり入って来た武先生。自分の分はどうしたの?
④「お前、本当美味そうに食うんだな」自然に居ますけど、用事は…?あなたの顔を観察。ディーノ先生。

→ツナ先生
うん、そうだよね。
1人は寂しいです。

■病室に先生と二人きりのとき、あなたの知り合い(女)がお見舞いに来ました。
①「どうぞ、ごゆっくり」気を利かせて退室したツナ先生。
②「お前にも、見舞いに来てくれるような奴がいたんだなぁ…」冷たい一言を言う隼人先生。…本心じゃないっぽいけど。
③「もしかして見舞い?ありがとな!」あなたの代わりにお礼を言う武先生。
④「友達来てくれてよかったなぁ!」髪をくしゃくしゃと撫でるディーノ先生。

→ディーノ先生
なんかしてもらったら嬉しいです。

■暇だな…と思ってたら、突然先生が来ました。
①「差し入れにお菓子貰ったんだ。一緒に食べようか。」新作で食べたいなって思ってたお菓子もある!ツナ先生。
②「よぅ。たまには二人で散歩でも行かね?」久しぶりに武先生と病院の庭を散歩。
③「入院してると暇でしょうと思って、本持ってきましたよ。」何冊か本を持ってきた骸先生。
④「疲れた…。…………。」いきなり来てベッドの横の椅子に座る恭弥先生。沈黙が痛い…。

→骸先生
なんかこの人いいですよ。
私本読むの好きだし♪♪

■ちょっとハメを外して人に迷惑かけてしまったあなた。
①「…もう…どうしちゃったのさ」呆れたように溜め息を吐くツナ先生。
②「へぇ…そんなに僕にお仕置きされたいんだ…」珍しく笑ってる。でも怖いよ!恭弥先生。
③「騒ぎたいなら俺も付き合うぜ!」先生なのに一緒にハメ外す気!?武先生。
④「入院してんの退屈かもしんねぇけど、大人しくしとけよ…」あなたの頭を軽く撫でて苦笑い。ディーノ先生。

→ディーノ先生
キャー優しい。
こういう感じいいよねぇ。
大人って感じがしますもん。

■売店に行ったら、先生とバッタリ会いました。
①「ちょ、ちょっと先輩に頼まれて…」それってパシリなんじゃ…?ツナ先生。
②「…群れてる草食動物がいないか見に来ただけ。」なにか買いに来たんじゃないんですか…?恭弥先生。
③「せっかくだから、僕が出しますよ。」レジでパッと取られ、お金を払ってくれた骸先生。
④「お前が売店に向かうの見たから、ストーカーになってみた。」知らぬ間に跡をつけられてたみたい。ディーノ先生。

→骸先生
優しい☆☆
てか、最後のディーノ先生はダメじゃん!!

■先生と二人きりで居たら、また知り合い(男)がお見舞いに来ました。
①「…君等、どうして来たのかな…?」女の子が来たときと同じように笑ってるけど、なんか黒い?ツナ先生。
②「…僕以外と群れるのは許さないよ…」どこからか出したトンファーを構える恭弥先生。
③「……もしかして、……彼氏?」悲しそうな表情であなたに聞くディーノ先生。
④「悪いですが、この子は僕のですので」あなたの肩を抱いて、挑発するような目で知り合いを見る骸先生。

→どれもいい♪♪
どうしようかなぁ・・・じゃぁずっと待ってた黒ツナ先生で。
黒ツナ大好きなんです♪

■夕飯。夕飯は、いつも看護士さんじゃなくて先生が持ってきます。
①「今日のおかずは今が旬の魚と、小松菜のおひたしと…」毎日メニューや、それの説明などをしてくれるツナ先生。
②「残すなよ!」それだけ言って出てっちゃう隼人先生。
③「今日は、僕が食べさせてあげるよ。」恭弥先生がそう言うなんて珍しい!
④「今日の晩飯と、あとこれ!デザートにと思って作ってみた!」手作りのゼリーも一緒に持ってきてくれた武先生。美味しいかな?

→美味しいかどうか分かんないけど、武先生で。
なんかいいよねぇ。
ツナのもいいかなぁって思ったんだけど、毎日説明とかされても・・・覚えられません・・・;;;

■もう就寝時間。なぜか先生が来ました。
①「休憩がてら来てみた。もうすぐ寝る?」こんな夜まで仕事なんだ?ツナ先生。
②「お前のことだから、一人じゃ眠れねぇんじゃないかと思って来た。」子供扱いですか?武先生。
③「……用はねぇけど……」「けど」なんだろう?黙っちゃった隼人先生。
④「おやすみのキスは、当然じゃないですか。クフッv」患者と医者なのに当然ですか?最後の笑いはスルーしよう。骸先生。

→ツナ先生
お疲れ様です♪
大変ですねぇ、こんな時間までお仕事なんて・・・。
最後の骸さんの笑い方はなんなのだろう・・・

■夜中。気付かなかったけど、先生が来ました。
①「……君の寝顔、癒されるなぁ。」寝顔観察?ツナ先生。
②「寝顔だけは可愛いんだなぁ…。…って、何言ってんだ俺!」一人焦る隼人先生。
③「よく寝てる……俺の夢見てるといいな。」少し切なそうに呟くディーノ先生。
④「寝てるときだけは静かなんだから…。」小さな溜め息を吐く恭弥先生。

→ツナ先生
なんか、いいなぁ、はい。
でもね、実際は可愛くもないし癒されることもないなぁって思いながら答えてましたよ;;;

■お疲れ様でした。2人に回してください。
フリー様です。

~~~お持ち帰り用~~~


「【REBORN】病院バトン ~彼は主治医編~」

あなたは入院患者です。
そしてキャラはあなたを担当してる主治医です。
先生はマメなのかよく顔を見に来てくれたり、可愛がってくれています。
※ちなみに個室に入院しています。

■朝。わざわざ起こしに来てくれました。
①「おはよう。朝だよー」
 優しくあなたの肩を揺するツナ先生。
②「……早く起きないと、どうなるかかってる?」
 耳元で話し掛ける恭弥先生。
③「いつまで寝てんだぁ?」
 あなたの頬をぺちぺちと叩くディーノ先生。
④「…おや、起きてしまいましたか」
 目を開けたら骸先生のアップ。

■朝ごはん。
①「一人で食べると寂しいでしょ?」
 実はいつも一人で美味しくなかったんだ。ツナ先生。
②「クフフ…僕が食べさせてあげますよ。」
 ご飯を箸で摘んで口元に持ってくる骸先生。
③「よっ!食ってるか? ちょっと食わして?」
 食べてたら、いきなり入って来た武先生。自分の分はどうしたの?
④「お前、本当美味そうに食うんだな」
 自然に居ますけど、用事は…?あなたの顔を観察。ディーノ先生。

■病室に先生と二人きりのとき、あなたの知り合い(女)がお見舞いに来ました。
①「どうぞ、ごゆっくり」
 気を利かせて退室したツナ先生。
②「お前にも、見舞いに来てくれるような奴がいたんだなぁ…」
 冷たい一言を言う隼人先生。…本心じゃないっぽいけど。
③「もしかして見舞い?ありがとな!」
 あなたの代わりにお礼を言う武先生。
④「友達来てくれてよかったなぁ!」
 髪をくしゃくしゃと撫でるディーノ先生。

■暇だな…と思ってたら、突然先生が来ました。
①「差し入れにお菓子貰ったんだ。一緒に食べようか。」
 新作で食べたいなって思ってたお菓子もある!ツナ先生。
②「よぅ。たまには二人で散歩でも行かね?」
 久しぶりに武先生と病院の庭を散歩。
③「入院してると暇でしょうと思って、本持ってきましたよ。」
 何冊か本を持ってきた骸先生。
④「疲れた…。…………。」
 いきなり来てベッドの横の椅子に座る恭弥先生。沈黙が痛い…。

■ちょっとハメを外して人に迷惑かけてしまったあなた。
①「…もう…どうしちゃったのさ」
 呆れたように溜め息を吐くツナ先生。
②「へぇ…そんなに僕にお仕置きされたいんだ…」
 珍しく笑ってる。でも怖いよ!恭弥先生。
③「騒ぎたいなら俺も付き合うぜ!」
 先生なのに一緒にハメ外す気!?武先生。
④「入院してんの退屈かもしんねぇけど、大人しくしとけよ…」
 あなたの頭を軽く撫でて苦笑い。ディーノ先生。

■売店に行ったら、先生とバッタリ会いました。
①「ちょ、ちょっと先輩に頼まれて…」
 それってパシリなんじゃ…?ツナ先生。
②「…群れてる草食動物がいないか見に来ただけ。」
 なにか買いに来たんじゃないんですか…?恭弥先生。
③「せっかくだから、僕が出しますよ。」
 レジでパッと取られ、お金を払ってくれた骸先生。
④「お前が売店に向かうの見たから、ストーカーになってみた。」
 知らぬ間に跡をつけられてたみたい。ディーノ先生。

■先生と二人きりで居たら、また知り合い(男)がお見舞いに来ました。
①「…君等、どうして来たのかな…?」
 女の子が来たときと同じように笑ってるけど、なんか黒い?ツナ先生。
②「…僕以外と群れるのは許さないよ…」
 どこからか出したトンファーを構える恭弥先生。
③「……もしかして、……彼氏?」
 悲しそうな表情であなたに聞くディーノ先生。
④「悪いですが、この子は僕のですので」
 あなたの肩を抱いて、挑発するような目で知り合いを見る骸先生。

■夕飯。夕飯は、いつも看護士さんじゃなくて先生が持ってきます。
①「今日のおかずは今が旬の魚と、小松菜のおひたしと…」
 毎日メニューや、それの説明などをしてくれるツナ先生。
②「残すなよ!」
 それだけ言って出てっちゃう隼人先生。
③「今日は、僕が食べさせてあげるよ。」
 恭弥先生がそう言うなんて珍しい!
④「今日の晩飯と、あとこれ!デザートにと思って作ってみた!」
 手作りのゼリーも一緒に持ってきてくれた武先生。美味しいかな?

■もう就寝時間。なぜか先生が来ました。
①「休憩がてら来てみた。もうすぐ寝る?」
 こんな夜まで仕事なんだ?ツナ先生。
②「お前のことだから、一人じゃ眠れねぇんじゃないかと思って来た。」
 子供扱いですか?武先生。
③「……用はねぇけど……」
 「けど」なんだろう?黙っちゃった隼人先生。
④「おやすみのキスは、当然じゃないですか。クフッv」
 患者と医者なのに当然ですか?最後の笑いはスルーしよう。骸先生。

■夜中。気付かなかったけど、先生が来ました。
①「……君の寝顔、癒されるなぁ。」
 寝顔観察?ツナ先生。
②「寝顔だけは可愛いんだなぁ…。…って、何言ってんだ俺!」
 一人焦る隼人先生。
③「よく寝てる……俺の夢見てるといいな。」
 少し切なそうに呟くディーノ先生。
④「寝てるときだけは静かなんだから…。」
 小さな溜め息を吐く恭弥先生。

■お疲れ様でした。2人に回してください。
Secret

TrackBackURL
→http://rukapyon.blog55.fc2.com/tb.php/291-4ead1a74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。